録画機能について

自宅やオフィスで何かトラブルに巻き込まれた場合、監視カメラは重要な証拠として役に立ちます。しかし、画質や録画時間など、使用するにあたって不安になる人もいるかもしれません。監視カメラの録画機能とはどのようなものなのでしょうか。

録画時間まず、録画時間についてですが、これは使用するハードディスクの容量によって大きく影響します。この容量が大きければ大きいほど長時間録画することが可能です。また、画質につきましては画素数とフレームレートという単位が大きく関係します。こちらも数値が大きいほど綺麗な画質で保存することが出来ますが、その分、ハードディスクの容量を使うので録画時間が短くなってしまいます。

もし仮にハードディスクの容量がいっぱいになってしまったらどうするのでしょうか。その場合でも録画機能が停止することはありません。古い録画映像を自動で消去することで新しい映像を保存できる容量を確保します。もしも、短い期間だけ録画映像が必要がという人であればハードディスクの容量が少なくても問題が無いという場合もあると思います。

現代の監視カメラは録画時間も画質も非常に品質が高くなっています。万が一のときに非常に頼もしい味方になってくれるはずです。